引越し 損しない

引越しで損しないための方法@直前引越しで損をしていませんか?

引越し 安く

引越し 安い

引越し お得

引越し 格安

引越し 激安

 

引越しの準備はちょっと面倒ですね。
まだ大丈夫・・・とギリギリまで動かないと、実はいろいろな損をするのです。

 

例えばいらない家財の処理でも、前もって売る、人にあげる、自分でリサイクルセンターに持ち込むなどすれば無料で処分できます。

 

ふつうのゴミも普段の回収日にこまめに出しておけば、引越し先にいらないものを持っていかなくて済むので、その分引越し費用が少なくなります。

 

そして、引越し業者の見積もりです。

 

安くてサービスの良い引越し会社ほどどんどん予約がうまります。

 

余裕をもって引越し業者一括見積もりをしておけば、1番安い引越し業者を簡単に探すことができます。

 

引越し日までに余裕があれば、早割やサービスをしてくれる業者もあります。

 

引越し 比較

 

多くの方が引越ししたい日というのは、土日祝日、月末、大安、午前中です。
ギリギリに見積もりすると希望日が埋まっていたりして、結局平日に仕事を休んで引越ししなければならなくなったりするものです。

 

引越しの準備は、新居の住所がわかったらすぐに始めましょう。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しはすることが多いので、何をすべきかわからなくなることがあります。
だいたいの手順を把握しておくと無駄な動きがありませんね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越し業者を早く決めたいと思われるかもしれませんが、新居は決まりましたか?
引越し費用は新居にエレベーターがあるのかないのかによっても金額が変わりますので、新居が決まらないと正確な見積もりが出せません。
引越し業者への見積もりは、新居が決定したらすぐのタイミングが一番オススメです。

 

引越し費用は荷物が多ければそれだけ大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となりますから、当然高くなります。
不用品はどんどん売る・あげる・捨てるなど処分して荷物を減らしましょう。
使わないものからダンボールに梱包していきましょう。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場で転出届を提出します。これは引越しの2週間前から提出することができます。
出し忘れると提出しに前の市町村役場まで戻ったり、役所に連絡して書類を郵送してもらって送り返すなどの手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険、児童手当などの手続きが必要かも聞いてください。

 

2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してくれると思います。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話にて連絡を。
同一市内の引越しなら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してもらいましょう。

 

引越ししたら郵便物が届かなくなるというのでは不便ですね。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
転送してくれる間に「引越ししました」という連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしておきましょう。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせしてあなたは家具家電の配置を指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いて貼りだしておくと便利です。

 

しかし注意点として現金・通帳・印鑑・貴重品、高級品、貴金属、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運んだ方が安心です。
万が一の時に保険やお金で解決できないものは自分で管理して大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら「転居届」、市外引越しなら「転入届」を提出しましょう。
これで選挙や手当など役所からのお知らせが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更してくださいね。
放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになります。
忘れないうちに行ってください。

 

 

引越しの費用と時期の関係

 

引越し 時期

 

引越し業者には3月に繁忙期があります。
この時期はどこの引越し業者も大忙しで、引越しの準備が送れると引越し業者が見つからないという事態もあり得る大変な時期です。

 

最近は特にの物流の変化によって、大型トラックの運転手不足が大問題となっているので、下手をすると見積もりすらしてもらえない時期です。
繁忙期に引越しする方は、早く物件を探して見積もりを取って、契約まで済ませておきましょう。

 

3月に引越しが集中するには訳があります。

 

4月の新学期を前に新大学生や新社会人が新しい環境に飛び込んだり、春の人事異動で転勤となったサラリーマンが新天地に引越しをするなど、とにかく新学期を前に移動する人が多いのです。

 

ですから、この時期の引越し費用は他の時期よりも高いです。
引越し業者はスタッフを増員したり残業をして仕事をこなしますから、人件費がアップするのです。

 

もし繁忙期の引越しを避けられるのであれば、避けてくださいね。

 

 

引越しでの粗大ごみの処分

 

引越し 粗大ごみ

 

引越しのときにはおそらく不要品がたくさん出ます。
小さなものは売ったりあげたりできないものは日々のゴミ出しで処分することができますが、大きな家具や家電はそうはいきません。

 

購入して5年以内の家電であればリサイクルショップで売ることもできますが、それ以上になると難しいので廃棄処分が妥当です。
ただし、家電リサイクル法で定められた電化製品は粗大ごみとして捨てることが出来ません。

 

家電リサイクル法で定められた家電はエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などで、これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店でのリサイクルが必要です。もしお店が近くない場合は、お住いの自治体に相談してみましょう。

 

ではこれら以外の家財の廃棄、つまり粗大ごみはどうやって処分すればいいのでしょう?
方法は@回収に来てもらう(有料)、A自分で持って行く(無料)という2つの方法があります。

 

@の回収方法は、まず粗大ごみ処理施設に電話して回収日を予約します。
粗大ごみ処理施設の名称はリサイクルプラザやリサイクルセンターなど、自治体によって名前が異なります。

 

その後、コンビニなどで手数料を支払ってシールを貰います。手数料は家電の種類によって異なるようです。
このシールを粗大ごみに貼って指定の時間に指定場所に置いておけば回収業者が回収に来てくれます。シールは粗大ごみ1個につき1枚必要です。

 

Aの自分で持って行く場合でも、処理センターに電話で予約します。
その時に捨てたいものの名前を伝えますので、メモなどを作っておきましょう。
処分する前と後に車の重さを測ります。

 

あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
自分で持って行く場合はごみシールは必要ありません。

 

 

引越しと初期費用

 

引越し 初期費用

 

引っ越しにはいろいろなお金がかかりますが、中でも物件の契約料と引っ越し費用が高額になります。
引越しの初期費用にはどんなものがあるのか確認してみましょう。

 

まず賃貸物件を契約する際にかかる費用としては以下のようなものがあります。

 

敷金・礼金・仲介手数料・家賃2〜3か月分・連帯保証会社利用費用・火災保険・カギの交換費用など
それぞれどんな意味のあるお金なのか知っていますか?

 

・敷金は物件を退去する時に傷んだ箇所を修理するための費用で入居前に管理会社に預けるという形になっています。

 

・礼金は大家さんに支払われる礼金で昔からの慣習なのです。しかし最近は礼金ゼロの物件も増えつつありますね。賃貸経営の流行で空き物件が増えており、少しでも入居しやすいようにという配慮でもあるかもしれませんね。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用です。しかし法的には〇〇円と決まっていないので、会社によって金額が異なります。最近は最初の仲介手数料が無料の会社もあります。

 

・家賃2〜3か月分は家賃を先払いしてもらうことで、今後家賃が払える人か判断できます。貯金がないと引越しもできないというわけです。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
昔は家賃滞納のリスクに備えて契約書に連帯保証人を記載するのが一般的でした。
しかし最近は連帯保証人を立てられない人も増えたため、身元保証会社にお金を払って利用することが増えました。

 

・火災保険は必ず加入しましょう。
なぜなら火元が自分でない火事で「もらい火」をした場合でも、火元の住民に賠償を求めることができません。

 

日本は住宅が密集しているので、昔から火事が出ると隣近所に燃え広がる可能性が高いのです。
だから一人の保険料で近隣の人の保証までできないということなのでしょう。
もらい火でも自己責任となりますので、自分のために加入しましょう。

 

・カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかります。
カギは家族分をスペアキーとして作る人が多いため、前の住人がスペアキーをいくつ作ったのか大家さんにも管理会社にもわかりません。
防犯のことを考えても入居時に鍵は交換しましょう。

 

このような費用がかかります。